技の成り立ち


 

少林寺拳法は、大きく分けると剛法柔法整法の3つによって成り立っています。


空手のような突き・蹴り主体のものを剛法

抜き・逆・固めなどが主体のものを柔法といいます。

また、整法は人体のツボや急所を押すことによって、体を調整する法です。

 

空手と合気道が合わさったようなものと言えばイメージが湧きやすいでしょう。