少林寺拳法とは

 1947年開祖「宗 道臣」が中国の拳法を整理・再編して創始した日本発祥の武道です。当時、敗戦による混乱から秩序は廃れ、不正と暴力が横行していました。その状況を目の当たりにした宗道臣は、他人を本気で思いやれる自身と勇気と行動力を持った社会に役立つ若者を育てたいと思い、その人づくりの手段として、「自己確立」「自他共楽」の教えを説きました

 

宗道臣の言葉に「半ばは自己の幸せを 半ばは他人の幸せを」というものがあります。

 

これは、少林寺拳法の理念を表したもので、 技術を身につけることで、自信と勇気を手に入れ、精神的にも肉体的にも強く成長し、且つ、1人で学ぶのではなく、人と人が協力して学んでいく、その楽しさと大切さを学ぶことに修練の目的があると言われています。

 

少林寺拳法の修行の目的は自信を身につけることで自分だけではなく、周りの人々も幸せにし、お互い助け合いながら世の中の不正に立ち向かう行動力を養っていくことです。